トップページ > 研究業績 - 商業化に成功した事例

研究業績 - 商業化に成功した事例

私は1933年に東北地方の山村に生まれ、少年時代からカビとキノコに親しみ、大学では青カビからペニシリンを発見したアレキサンダー・フレミングの伝記に感銘を受けた。大学卒業(57年)から現在までの50年間、微生物の医薬と食品への応用研究を続けてきた。この間、21年余り(57−78年)を三共(株)で、18年間(79−97年)を東京農工大学で過ごし、定年退職(97年)後は小さな会社を起こして研究を続けている。

スタチンの発見と開発

2年間のアメリカ留学(1966-68)で、コレステロールがアメリカで年間60-80万人が死亡する冠動脈疾患の主要原因であることを知り、食生活が欧米化するわが国でも近い将来コレステロールが大きな問題になるだろうと感じた。その頃、体内コレステロールの大半が肝臓で合成されること、HMG-CoA還元酵素が合成を制御する重要な酵素であることが知られていた。そこでHMG-CoA還元酵素の阻害剤が有効なコレステロール低下剤になると考え、帰国後カビとキノコから阻害物質を探す研究プロジェクトを立ち上げた。ただし、目的の物質を発見できる保証がなかったので、2年間やっても駄目なら中止する覚悟であった。71年から6,000株のカビとキノコを調べ、運よく73年夏に青カビ(Penicillium citrinum)のから有望な新物質"コンパクチン"("ML-236B"、"メバスタチン"とも呼ばれる)を発見した(図1,2,3の下) (1)。

コンパクチンはメバロン酸と酷似する構造をもち(写真3の上)、その上HMG-CoA還元酵素を競合阻害する理想的な物質であった。ところがラットのコレステロールを下げない(74年)、肝毒性の疑いがある(77年)として、再三開発中止の危機に見舞われたが、ニワトリ、イヌ、サルと重症患者で劇的なコレステロール低下作用と安全性が認められて復活し、78年秋には第1相臨床試験に漕ぎつけた。臨床試験は極めて順調に進んでいたが、80年夏に発ガン性があるとの誤判断で、開発が完全に中止された。

コンパクチンの開発が一段落した78年末に私は三共を退職し、翌79年1月から東京農工大学に勤務。ここで紅麹カビ(Monascus ruber)からコンパクチン同族体「モナコリンK(ロバスタチン)」とモナコリンJを発見し(2,3)、モナコリンKの特許を三共に譲渡。同じ頃、アメリカのメルク(社)も別のカビ(Asoergillus terreus)からロバスタチンを発見(4)(図4,5,6,7)。

メルクは膨大な動物実験でロバスタチンに発ガン性がないことを証明し、87年にFDAの認可を得て、商業化"スタチン"第1号として発売(コンパクチン同族体を"スタチン"と総称する)。89年にはメルクがモナコリンJから合成したシンバスタチンを、三共はコンパクチンの構造造を少し変えたプラバスタチンをそれぞれ発売。その後4種の合成スタチン―フルバスタチン、アトルバスタチン、ロスバスタチン、ピタバスタチン―が商業化され他(図6)。スタチンは冠動脈疾患と脳卒中の予防と治療の特効薬として、毎日世界で4000万人近い患者に投与され、同じ青カビから発見されたペニシリンと並ぶ奇跡の薬と呼ばれている。05年には、スタチン製剤の年間総売上高が250億ドル(約3兆円)に達した。スタチンの発見と開発の詳細については下記著書をお読みください(5-7)。

  1. (1)遠藤章ら 新生理活性物質の製造法 特開昭50-155690 1975年12月16日 (1974年6月7日出願)
  2. (2) 遠藤章.新生理活性物質モナコリンKおよびその製造法 特開昭55-111790 1980年8月28日(1979年2月20日出願)
  3. (3)遠藤章.新生理活性物質モナコリンJおよびその製造法 特公昭 61-13798 1986年4月15日(1979年4月13日出願)
  4. (4)Monaghan RL, Alberts AW, Hoffman CH, Albers-Schonberg. Hypocholesterolemic fermentation products and process of preparation. United States Patent. No.4,231,938. November 4,1980 (1979年6月15日出願)
  5. (5)遠藤 章 自然からの贈りもの―史上最大の新薬誕生(単行本) メデイカルジャーナル社 2006 (リンク)
  6. (6)遠藤 章 新薬スタチンの発見―コレステロールに挑む(単行本) 岩波書店、2006 (リンク)
  7. (7)山内喜美子 世界で一番売れている薬(単行本) 小学館、2007 (リンク, リンク2)
このページのトップヘ

新ペクチナーゼの発見と開発

1957年に大学を卒業して三共に入社し、都内の食品工場の製造現場に配属。1年後に、果汁と果実酒の清澄化に用いる「ペクチナーゼ」という酵素の製造工程の合理化に成功。1年半後に、カビとキノコ250株の中からペクチナーゼの大量生産菌(Coniothyrium diplodiella)(図1)を発見し、入社2年後の59年春に商業化に成功。「スクラーゼS」の商品名で発売(図2)。その後6年間、ペクチナーゼの生化学研究に専念して、学位の取得と海外留学に備える(この間の64年に研究所に配転)(1,2)。

  1. (1)三浦勇吉、遠藤章.ペクチン分解酵素剤.特公昭36−18088.1961年10月2日(1959年7月25 日出願).
  2. (2)(2)遠藤章.糸状菌のペクチン質分解酵素に関する研究.農化1966;40:R39-R44.
このページのトップヘ

ムタステインの発見と歯磨きガムの開発

東京農工大学に移って1年後に、微生から歯垢形成阻害物質を探し、カビ(Aspergillus terreus)の1株(図1)から強力な阻害物質(ムタステインと命名)を発見(1)。その後、合同酒精(株)との共同で工業生産法を確立し、82年には日本歯科大学新潟歯学部の増原泰三教授との共同研究でムタステインがラットのウ蝕を予防することを証明(2)。(株)ロッテと共にムタステイン含有チューインガムを開発し(3)、86年に同社が「NOTIME」(左図)の商品名で発売(4, 5)(図2)。

  1. (1)遠藤章.新生理活性物質ムタステイン及びその製造法.特公昭61-47515, 1986年10月20日(1981年3月6日出願).
  2. (2)中村康則、桑島治博、増原泰三、遠藤章.Streptococcus mutans 6715 株接種ラットにおけるMutasteinのう蝕抑制効果.Jpn J Oral Biol 1985; 27:603-610.
  3. (3)佐藤吉永、伊東禧男、大熊浩、 鈴木義久、遠藤章、長谷川安弘.ムタステイン配合チューインガム組成物.特公平3-71852, 1991年11月14日(1984年5月22日出願).
  4. (4)歯磨き不要のガム.バイオ活用し歯の表面洗浄. 東京新聞, 1986年9月23日.
  5. (5)虫歯予防剤が食品に−東京農工大遠藤教授・歯垢抑える物質抽出.朝日新聞, 1987年1月27日.
このページのトップヘ

新紅麹の開発

中国大陸と東南アジア諸国で数百年以上前から酒類の製造、食品の着色・保蔵、漢方に用いられてきた紅麹を、日本人の嗜好にあうように改良し、国内での普及を目的に取り組んだ研究テーマ(1)。80年に目的に叶った紅麹をつくるカビ(Monascus pilosusM. purpureus)を発見して (2)(図1)、87年にヤエガキ酒造(株)(兵庫県)が新紅麹を用いた清酒「続青春」を発売(3)。90年代半ばには山之内製薬(現アステラス製薬)との共同で健康補助食品用の新紅麹の開発を進め、97年に発売。その後数社がこの新紅麹を用いた食品と健康補助食品を開発(図2)。

  1. (1)遠藤章.紅麹と紅麹菌をめぐる歴史と最近の動向.発酵と工業.1985;43:544-552.
  2. (2)遠藤章.麹.特公昭60-44914. 1985年10月5日(1981年3月9日出願).
  3. (3)紅こうじ清酒―ヤエガキ酒造.バイオ産学協同―健康志向つかむ.日本経済新聞, 1987年2月7日.
このページのトップヘ

新コラゲナーゼの発見と開発

コラーゲンの加水分解酵素である新コラゲナーゼ(デイスコリシンと命名)を放線菌(Streptomyces sp.)(図1)から発見 (1)。(株)ヤクルト本社中央研究所との共同で製造法を確立し、86年に同社がガン治療薬の開発と生化学研究用試薬として発売(2)(図2)。

  1. (1)遠藤章.新コラゲナーゼ、デイスコリシン及びその製造法.特公平5-16832, 1993年3月5日(1984年3月9日出願).
  2. (2)細胞生きたままで分離.ヤクルト、新酵素2種販売.日経産業新聞, 1986年10月31日ほか.
このページのトップヘ

メバロン酸大量生産菌の発見と新化粧品の開発

コレステロール合成の重要な中間体であるメバロン酸を大量生産する酵母を発見(1)。(株)ADEKAが量産に成功し(2)、カネボウ、京都府立医大がメバロン酸の保湿作用を証明(3)。99年にカネボウがメバロン酸を保湿成分とする新化粧品を発売(4)。

コレステロール合成の重要な中間体であるメバロン酸を大量生産する酵母(Saccharomycosis fibrigera)(図1)を発見(1)。(株)ADEKAが量産に成功し(2)、カネボウ、京都府立医大がメバロン酸の保湿作用を証明(3)。99年にカネボウがメバロン酸を保湿成分とする新化粧品を発売(4)(図2)。

  1. (1)遠藤章、小池誠治.メバロン酸の製造方法.特公平7-51068, 1995年6月5日(1987年3月4日出願)ほか3件.
  2. (2)メバロノラクトン量産.旭電化、酵母菌で糖分分解―皮膚老化防止に効果.日経産業新聞,1999年11月11日.
  3. (3)Haratake A, Ikenaga K, Katoh N, et al. Topical mevalonic acid stimulates de novo cholesterol synthesis and epidermal permeability barrier homeostasis in aged mice. J Invest Dermatol 2000;114:247-252.
  4. (4)40-50歳代向けスキンケア用品.鐘紡新シリーズ.化学工業日報、日経産業新聞, 1999年9月17日ほか.

(完)

このページのトップヘ